バックエンドの内容を調べる方法とワンタイムオファーを再表示させる方法

年金すら払えない中年がパソコンで総支給額以上稼ぐ裏ネット方法

年金すら払えない状態からノートパソコン1台で年収1000万円を達成したネットで稼ぐ倉田旬のブログ

バックエンドを調べる方法&一度限りの特別なご案内を後日申し込む方法

読了までの目安時間:約 7分

 

値段も手頃だし、これはイイ!

 

と思って決済を済ませたら、突然ページが切り替わり

“一度限りの特別なご案内”と称するバックエンドが登場する…

 

そんな体験をネットビジネスに興味がある方なら

一度や二度も経験したことがあるのではないでしょうか?

 

相当裕福な方ならともかく

自分の未来への投資として、限られたお小遣いの中から

節約してノウハウなりツールなりを購入している方がほどんどだと思います。

 

そんな方にとっては「やられた!」と凍りついてしまう瞬間ですね。

僕もそうでしたから。

 

今回はバックエンドの存在を調べる方法と

ワンタイムオファーと言われる決済後の特別な案内を

再び表示させることのできる方法を紹介します。

 

 

 

ワンタイムオファー

 

初回限定の特別価格を復活させる方法

 

 

まずは、知っているなら良いのですが、

一応、セールスページを見た時に初回限定の特別価格がある商材などの閲覧2回目以降も特別価格を表示させる方法を押さえておきましょう。

 

例えば、こんなパターンのやつです。

 

 

まぁ、衝動買いと損失感を煽る手法なんですが、

これはクッキーを削除することで、何回でも初めて閲覧するようにできますので

ブラウザのオプションからクッキーを削除しましょう。

 

まとめて削除しても問題ない場合は全部削除しても良いですし、

どうしても訪問履歴を残しておきたい事情があるなら、

ドメインを選んで削除しましょう。

 

firefoxならこんな感じです。

 

↓(クリック拡大)

firefoxクッキー削除方法

 

 

IEならこの部分。

 

↓(クリック拡大)

IEクッキー削除

 

 

IEは個別削除が面倒そうなので、保存しておきたいパスワードなどがある場合は

CCleanerなんかを入れておくと便利ですよ。

 

 

 

バックエンドの内容を調べる方法

 

 

僕もそういったセミナーを受けたこともありますし、

(行ったらそういう内容だっただけですが…^^;)

 

効率よく稼ぐ為の戦略として

「バックエンド商法」「ワンタイムオファー」が有効であることは確かなのですが、

 

購入者の立場として考えると、

どうしても「やられた感」は拭えませんよね。

 

 

ツールなどで本来の使用法とは別の

「あったらいいな」の付加機能が付くなら嬉しい場合もありますが、

 

大抵は「もっと早く稼ぐには…」「ライバルと差をつけるには…」

みたいな煽りや焦りを入れてくることが多いので、

やっぱ、ズルいと思わざる得ません。

 

 

まぁ、人の心理を突いた上手い手法ではあるのですが

僕はあまり好きではありませんね。

 

 

バックエンドがあるなら買わなかったよ~

という人も多いと思いますし

そういうお客さんを逃さない為のバックエンドな訳ですが、

 

あることを分かっていても購入する事もあるので、

予め内容を確認しておくのがベストな対策ではないでしょうか。

 

 

やり方は簡単♪

 

適当な名前や住所でアカウントを作り、

銀行振り込みで申し込むだけです。

 

そうすることで、

特別なご案内がある場合はページが登場します。

ゆっくりと内容を確認し検討しましょう。

 

それでも購入する場合は、

本アカウントで再度申し込めば良いだけです。

 

 

何回もこのような行為を繰り返すと

アカウント削除の可能性もあるので、

確認は本アカウントではやらない方が良いですよ。

 

振込の行われなかった申し込みは

自動的にキャンセル扱いになりますし、

カード決済希望でも

本アカウントで改めて申し込めばいいだけです。

 

 

一度スルーした特別な案内を復活させる方法

 

 

今度は考えた結果

スルーすることにしたワンタイムオファーを再考し

購入したくなった場合、

 

もしくは、

金銭的な余裕がある時に申し込みたいと思った時に使える

 

「一度限りの特別な案内を復活させる方法」です。

 

 

こちらも簡単です。

 

購入後に現れる

「特別案内」のページをブックマークしておくだけです。

 

もちろん、2回目に訪問すると

期限切れもしくは、一度限りなのでダメです的な表示がでます。

 

 

そんな時に一番始めに書いたクッキー削除です。

 

そうすれば、初訪問状態になるので再び決済が可能になります。

 

 

大抵は、バックエンド・ワンタイムオファーは

独自決済(ペイパルなど)で販売者が丸儲けのシステムを使っていることがほとんどなのイケますよ。

 

でも大事なのは

「バックエンドを申し込まなきゃ稼げない」

ようなノウハウはダメなのでスルーしたほうが良いですし、

 

確かに、バックエンドは魅力的に映りますが、

大事なのはどんなノウハウであれ

実践することが一番重要なことは忘れないようにしましょうね。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

管理人 倉田しゅん です

kurata

管理人 倉田旬 (くらしゅん)
⇛ 詳しいプロフィール

役に立たないことはあり得ない
↓↓ プレゼントつき ↓↓


倉田の裏メルマガはこちら


管理人へ連絡


カテゴリー
アーカイブ
タグ
最近の投稿