楽天ソーシャルニュースはインデックス促進効果あり

年金すら払えない中年がパソコンで総支給額以上稼ぐ裏ネット方法

年金すら払えない状態からノートパソコン1台で年収1000万円を達成したネットで稼ぐ倉田旬のブログ

楽天ソーシャルニュースはインデックス促進に使える!集客はそこそこ、被リンク効果は微妙

読了までの目安時間:約 7分

 

ちょっとリサーチのため色々とネットサーフィンをしていた所、

楽天ソーシャルニュース(楽天Social News)なるサイトの

インデックスが早く、

上位表示されていることに気が付きました。

 

お恥ずかしながらノーマークだったので、

少し調べることに…。

 

 

本家サイトよりインデックスが早く、

そのキーワードで上位表示されており、

 

翌日に順位が逆転しているという現象も見れました。

 

 

 

 

楽天ソーシャルニュースって何?

 

 

楽天(インフォシーク)が運営する

ソーシャルブックマークみたいなサービスです。

 

楽天ソーシャルニュース

 

→ 楽天Social News

 

 

楽天・ツイッター・フェイスブックの
いずれかのアカウントを持っていれば、

簡単にアカウントを作成できます。

 

 

プロフィールに自分のサイトのURLを載せられるし、

タイムラインで自分の記事をトップに表示させることができます

 

 

楽天ソーシャルニュースタイムライン

 

 

ランキングや注目ニュース入りすれば、

入り口がかなり増えることになりそうです。

 

人のニュースをシェアしたり、

コメントを入れたりすることもできるので

ツイッター戦略に慣れている人ならやりやすいでしょう。

 

あ、もちろんツイッターとも連動しています

 

 

最近良く聞く“キュレーション”という

有益な情報を個人発信もしくは紹介する(だいぶ意訳です)」

という事をコンセプトにしたサイトですね。

 

 

 

インデックス促進には使えるかも

 

 

印象としては

 

  • 手軽にできる
  • 比較的ゆるそう(アフィリサイトに対して)
  • アフィリエイターに荒らされていない

 

という感触がありますね。

 

ランキング入りするには少しコツがありそうです。

でもまぁ、これまでの王道手法が通じそうです。

 

 

完全にネタ共有サイトで、

サイトURLを貼り付けて、一言コメントを入れるだけでOKなので

地道にやれば色々できそうです。

 

普通に更新情報としてアップしている人が沢山います。

 

 

リサーチの時、

本サイトの記事はインデックスされていないのに

この楽天ソーシャルニュース内の記事が先にインデックスされ

上位表示されていました

 

そして、次の日に順位が逆転しているという現象が見れました。

 

だから、インデックス促進としては効果があると思います。

 

 

 

アクセスは呼べるの?被リンク効果はあるの?

 

 

これに関してはちょっと微妙ですね。

 

一応、ランキング入りすると

1週間で2万~5万くらいのPVがあるようです。

 

楽天ソーシャルニュース週間ランキング

 

 

この中のどれくらいの割合で

本サイトへ誘導できているのかはわかりません。

 

 

1日だと1万PV位なのかな?

(画像取得時 平日のお昼すぎ↓)

 

楽天ソーシャルニュースランキング今日

 

 

 

被リンク効果としては、トップページはPR6です。

しかし、かなり動的なサイトなのでどうなんでしょうか?

 

 

アカウントにキュレーターLv.というのがあって、

このレベルが高ければ常に入り口がある状態になるので

使えるかも知れません。

 

具体的にはまだ未検証です。

 

 

どんな人が使っているの?

 

 

主に一般の人が使っていて、

まだそれ程アフィリエイターに荒らされていません

 

しかも、記事のリンク先が普通のニュースサイトだったりと

まじめにやっている方が多いです。

 

 

  • パワーブログ的アドセンスサイト(こちらは楽天的にも大歓迎でしょう)
  • 2ちゃんねるまとめ(まぁ、需要はあります)
  • トレンドアフィリ(やり過ぎると嫌われるので心配)

 

の実践者さんがアフィリ系ではよく利用しているようです。

 

 

物販や情報商材系はあんまり目立ちませんね。

単にアクセスがないだけなのかも。

 

楽天ソーシャルニュースコメント数

 

 

↑コメントランキングでは

情報商材アフィリエイターがチラッとランキング入りしてました。

 

自作自演もできそうですし、

こちらから絡んでいったら反応もあるのかも知れません。

 

 

 

物販サイトへアクセスを流してみようかなと考えています。

 

ちなみに、楽天アカウントで行う場合には

別アカウントを作ったほうが良いと思いますよ。

 

一応、念の為に。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

管理人 倉田しゅん です

kurata

管理人 倉田旬 (くらしゅん)
⇛ 詳しいプロフィール

役に立たないことはあり得ない
↓↓ プレゼントつき ↓↓


倉田の裏メルマガはこちら


管理人へ連絡


カテゴリー
アーカイブ
タグ
最近の投稿